<鮎の瀬牧場の活動>ジャージー牛について

命と酪農と生産について’
自社牧場の鮎の瀬牧場では、ジャージー牛のみ飼育しています。
当たり前のことですが、飼育しているのは皆女の子です。当たり前のことですが、子供を産まないとお乳は出ません。そして、定期的に出産しないとお乳は出続けません。
そうすると、出産して、子牛が定期的に産まれます。
そこで一番大事なのが、男の子か、女の子か、ということです。
女の子は、長い子だと10歳まで生きてお乳を出し、長生きすることができます。
男の子はお乳が出ないので、基本的にお肉になります。でも、ジャージー牛は小柄で硬いお肉なので、今までは引き取り手が見つからず、肉用として飼育することができず、数ヶ月の命となってしまってました。
大切に育てて、命がけで産んだ可愛い子牛たち。
性別で今後の扱いが変わるのも悲しい話ですが、酪農産業として命の有り難みと難しさを感じます。


そんな状況を理解いただき、オスのジャージー牛を引き取って肉用に出荷していただける方に巡り会うことができました。

天生の匠
https://amounotakumi.amebaownd.com/

数ヶ月の命が3年の立派な大人になるまで、飼育いただき、そのお肉が少しずつ回ってくるようになりました。

まだ、計画途中ですが、ジャージー牛のお肉を牧成舎でも販売できれば、、、と構想しております。

先日、貴重なジャージー牛のお肉をいただき、
ジャージー牛は赤身のお肉で、旨味のあるお肉でした。
脂身もさらりとして食べやすく、飛騨牛と同じ飼育ということもあり、柔らかいお肉をいただきました。

せっかく産まれた命だから、男の子で頭を抱えるのと、女の子でホッとするのと、そんなこと関係なく、命の誕生を祝えるようになりたいです。

酪農インターン生募集のご案内

自社牧場「鮎の瀬牧場」でインターン生を募集いたします。

P1040038
P1040055


生き物と一緒に生活をすること、
経営的なこと等をお伝えできればと思います。
じっくり向き合うために募集人数は常に1名様までとさせていただきます。

募集要項
職種:牧成舎自社牧場「鮎の瀬牧場」酪農部
内容:搾乳など牛に関わること、牧場経営について
期間:要相談(できれば一週間以上) / 募集人数:1名
日当:なし / 交通費:支給無
宿泊施設:社宅あり(宿泊費負担なし)

問い合わせ先:(有)牧成舎 担当:牧田
電話番号 0577-73-2226 

牧成舎の自社牧場「鮎の瀬牧場」

牧成舎 鮎の瀬牧場 周辺の風景

牧成舎の自社牧場「鮎の瀬牧場」は、
岐阜県飛騨市古川町中野地区の高台に位置し、自然あふれる風景を
見下ろすことができる場所に位置しています。

牧成舎の乳製品は、こうした自然あふれる飛騨の地で、
酪農家と生産者との共同作業によって皆様のもとへお届けしています。

牧成舎 鮎の瀬牧場

鮎の瀬牧場の前には芝生が広がっています。
地元の保育園や小学校の酪農体験や
牧成舎主催のイベントなどでたくさんの方に広々とした芝生の上で
くつろいでいただいています。

牧場写真

乳牛は繋がれていない状態で育てられています。
できるだけストレスのない状態で放し飼いされ、
新鮮な生乳が搾られます。

搾られた生乳は、そのまま工場に配送され、
鮮度のいい状態で牧成舎の乳製品に加工されます。

牧成舎 鮎の瀬牧場 研修室

鮎の瀬牧場内には、体験施設もあります。
ここでは、バター作り・ピザ作り・アイスクリーム作りを体験して
いただくことができます(団体のみ・要予約)。

また、地域の方など、酪農を知っていただくための交流の場として
 活用しております。

甘えん坊の「メル」と「モカ」

P1040055
P1040089

自社牧場 「鮎の瀬牧場」にいる子牛の「メル」と「モカ」はとっても甘えん坊です。

自分から近づいてきて、体をスリスリしたり、指をぺろぺろなめたりとっても可愛い!

お調子者だけど、ちょっと人見知りもしたり、成長が楽しみです。

鮎の瀬牧場にいる仲間のご紹介

会社カメラ 417

自社牧場「鮎の瀬牧場」にいる牧成舎のパートナー「牛たち」のご紹介!

第一弾は「たぬきちゃん」のご紹介です
「たぬきちゃん」は、大きくなるにつれて顔の真ん中が黒くなり、
狸のような顔立ちのため、「たぬきちゃん」と呼ぶようになりました。
「たぬきちゃん」は頭が良くて、体型の良い働き者です。
そして、生まれる仔牛はいつも女の子の双子!
牧場の牛たちは、たぬきちゃんの子供たちが多いです。

牛にも、皆それぞれ見た目も性格も違い、個性があります。
みんな、それぞれ違うから、体調管理も、世話も牛によって変わります。

「教育ファーム活動参加家族」募集のお知らせ

ぎょうざ2 (1) トマト鍋 (1)

牧成舎直営牧場「鮎の瀬牧場」で、開催しております。
「飛騨中野教育ファーム」の募集が始まりました。

牧場の近くにある、畑や田んぼで、お米や美味しい野菜を育てたり、酪農体験も行います。
毎回、自分たちで作った野菜を使って、美味しいお昼ご飯を作ります。
普段のご飯よりも格別に美味しいお昼ご飯ですよ!

・ 活動場所:飛騨市古川町中野
・ 鮎の瀬教育ファーム付近
・ 活動時間:午前9時~午前12時
・ 6月~10月まで6回企画(美味しい昼食&野菜のお土産つき)
・ 持ち物:長靴、軍手、タオル、雨具、ぼうし
・ 参加費:年間5000円(1家族)
  一回のみのご参加2000円(1家族)
・ 昼食、飲み物代などは別途いただきます
お問い合わせ:牧成舎事務所(TEL:0577-73-2226 担当:牧田)
お気軽にご連絡くださいませ。

鮎の瀬牧場の仔牛たち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

牧成舎の自社牧場「鮎の瀬牧場」の仔牛たちを
牧場近くの野原で放牧しました。

鮎の瀬牧場には、一般的なホルスタイン牛よりも
一回り小さいジャージー牛が多くいます。
ちょうど今いる仔牛は、
ジャージーで、バンビのように可愛いですよ。

牛たちも元気に春を楽しんでおります。

鮎の瀬牧場に雪が積もりました

20131212072746.jpg

とても寒い冬です。
飛騨は雪が降りました
牧場から見える古川中野地区の田んぼも、畑も、
家もみんな真っ白です。

寒くなると、搾乳機の動きが悪くなり心配になります。
夜は搾乳機を動かすために
大切なコンプレッサーに毛布を掛けてあげます。

牛たちは寒さに強い動物、そうは言っても寒い様子です。
身を寄せ合っています
今年の冬も無事に過ごせますように。

gototop
牧成舎 飛騨の里から美味しい乳製品をお届け中 All rights reserved.